ワイ将、あまりに暇な為wikiで未来を検索して閲覧する


2030年
第26回冬季オリンピック開催。
第24回FIFAワールドカップ開催。
6月1日の夕刻に北海道で金環食。日本国内で観測できるのは2012年5月21日以来18年ぶり。
9月21日に小惑星状物体が月までの距離の11倍まで地球に最接近する。
アメリカ航空宇宙局では、この年に人間を火星に送り込む構想がある。


2037年
多くの電子時計のカレンダーは、この年までとなっている(2038年問題の関係)。
2039年
土星の輪の消失現象観測(地球から見て完全に水平になる)。
アメリカ政府が、ジョン・F・ケネディ暗殺に関する全資料を完全公開(予定)。


>2037年
多くの電子時計のカレンダーは、この年までとなっている(2038年問題の関係)。
ワイらに関係ありそうなんはこれくらいか?
過ぎたらどうなるんかな


ケネディ暗殺は2039までか


早く知りたいな


2050年 第29回FIFAワールドカップが開催予定。日本サッカー協会はこの大会を日本で開催し、さらに日本代表が優勝する事を目標としている(JFA2005年 宣言)。一方、ロボカップの目標として、この年に発達した人工知能を持つ人型ロボットチームがワールドカップ優勝チームに勝つ事が提示されている。
フィクションのできごと
2057年 – 映画『サンシャイン 2057』の舞台。
2059年 – アニメ『マクロスF』の舞台。


2061年 3月11日 – 東日本大震災から50年
ハレー彗星が地球に接近。最接近は7月28日。
2069年 1999年に宇宙へ向けて送信されたメッセージ「コズミック・コール1」がはくちょう座16番星に到達。


面白い


おおきにやで~


2071年 – 9月16日に小惑星状物体(2000 SG344)が地球に接近。衝突確率1000分の1
2079年
日本の人口が約5400万~9800万人程度にまで減少するという予測がある。
日本、韓国の高山植物、ハイマツ、オオシラビソなどが絶滅の恐れあり。
温暖化による北極の氷の消滅により周辺地域に生息するホッキョクグマなどは絶滅の恐れあり。


フィクションのできごと
2070年 – 東京上空に未確認飛行物体が出現し、日本政府が宇宙人の存在を認める。(アニメ『学園戦記ムリョウ』)
2070年 – 太平洋上、南緯12度西経91度付近のハフマン島で第1次ハフマン紛争勃発。(ゲーム『フロントミッション』)
2071年 – アニメ『カウボーイビバップ』の舞台。
2073年 – ジュラル星人による地球侵略が始まる。(アニメ『チャージマン研!』)
2077年 – 地球統一連邦国家樹立、A.T.(目覚(めざめ)し人類)暦が始まる。(漫画『ラグナロック・ガイ』)
2079年 – 大西洋上に巨大隕石が落下する。(小説『神の鉄槌』)


ジュラル星人で草不可避


2084年11月4日 – 火星における地球の日面通過。火星入植者による観測が期待されている
2080年 – 中国科学院の研究チームは「中国現代化報告2005」で中国はこのころ先進国入りすると予測している。
2082年 – 東北新幹線・上越新幹線開通100周年。
2083年 – 国連の中位予測では、この頃、世界人口が100億人に達すると予測されている


2087年 – JRグループ発足100年。
2088年 – 青函トンネル・瀬戸大橋開通から100年。
2089年 – 東欧革命・マルタ会談での冷戦終結から100年。昭和時代に生まれた者がこの年から全員100歳以上になる。


20XX年阪神二年連続優勝


ちな虎やが期待しとるで


次の優勝はいつかな~ (*^◯^*)


フィクションのできごと
2087年 – ゲームソフト『スターオーシャン』シリーズにおいて、トリラス・バークタイン博士によるワープドライブ実験が成功。(後の宇宙暦元年(ゼロ年))
2087年 – アニメ『機甲戦記ドラグナー』統一帝国ギガノス、アルカードに侵攻。
2088年 – アニメ『バディ・コンプレックス』自由条約連合、大ゾギリア共和国が戦争状態。
2089年 – アニメ『エレメントハンター』エレメントハンター、元素消失を止める


2100年代の主な出来事
世界人口が最大で約158億人に達する可能性がある(国際連合経済社会局の人口推計2010年版の上位予測による。中位予測では約101億人、下位予測では約62億人)[1]。
地球の平均気温は21世紀初頭と比較して4℃上昇する。高緯度の地域ほど上昇幅が大きい。
東京の真夏日は21世紀初頭よりも100日以上増加する。
北陸の真夏日は21世紀初頭よりも100日以上増加する。
2100年日本の人口が2010年と比較すると約2分の1になる
2101年9月11日 – アメリカ同時多発テロ事件から100年。
2102年 – 北極星 (ポラリス)が、天の北極に最も接近する。


2111年3月11日 – 東日本大震災から100年
2117年12月10日 – 11日 – 地球において金星の日面通過が観測される (UTC) 。観測できるのは2012年6月5日以来。
フィクションのできごと
2110年 – 人類初の時間移動技術が確立される。(時空警察ヴェッカー)
2111年9月3日 – 天の川鉄道、どこでもドアとの競合に敗れて廃線。(『ドラえもん』「天の川鉄道の夜」)
2112年9月3日 – ドラえもん誕生。(ドラえもん)
2113年 – サプリが安堂ロイドを誕生せせる。(安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~)
2114年12月2日 – ドラミ誕生。(ドラえもん)
2125年12月25日 – ミニドラ誕生。(ドラえもん)


22世紀の主なできごと
2102年 – 北極星 (ポラリス) が天の北極に最も接近する。[1]
2114年6月3日 – 最大6分32秒にわたる日食がおこる。
2117年12月11日 – 2012年以来105年ぶりに金星の日面通過が起こる。
2123年9月14日-金星が木星と星食を起こす。
2125年12月8日 – 金星の日面通過が起こる。次回は2247年6月11日。
2132年6月13日 – 最大6分55秒にわたる日食がおこる。これほど長い日食は、2009年7月22日以来123年ぶり。
2134年3月27日 – ハレー彗星が近日点を通過。


2150年6月25日 – 最大7分14秒にわたる日食がおこる。7分間以上継続する日食は、1973年6月30日以来177年ぶり。
2168年7月5日 – 最大7分26秒にわたる日食がおこる。
2182年9月24日 – 直径560mの小惑星ベンヌが地球に接近。衝突確率0.28%。
2185年3月29日 – 直径130mの小惑星2009 FDが地球に接近。衝突確率0.18%。
2186年7月16日 – 7分29秒にわたる日食。これは理論上の最長時間に非常に近い。紀元前4000年から紀元後6000年の間の1万年間で最も長い日食となる。
22世紀中に月食が239回起こると予測されている


フィクションのできごと
2124年 – 一年戦争開始。(『機動戦士ガンダム』)(旧来の設定で、2045年を宇宙世紀0001年とした為)
2125年 – 一年戦争終結。(『機動戦士ガンダム』)
2125年 – ブラックホールが地球に接近する。(『さよならジュピター』)
2141年12月8日 – 沖田十三誕生(『宇宙戦艦ヤマト2199』)
2142年時期不明 – 氷河期に突入。(『バトルフィールド2142』)
2178年7月7日 – 古代進誕生、8月15日 – 島大介誕生(『宇宙戦艦ヤマト2199』)
2199年 2月12日 – ヤマトがイスカンダル星に向けて出発。同年12月8日帰還。(『宇宙戦艦ヤマト2199』)
ネオがマトリックスから目覚める。(『マトリックス』)
10月9日 – ヤマトがイスカンダル星に向けて出発。翌2200年9月5日帰還。(『宇宙戦艦ヤマト』)


23世紀の主なできごと
2220年代から2240年代にかけて、約20年間にわたり冥王星が海王星の軌道より内側に入りこむ(1979年から1999年以来)。
2247年6月11日 – 金星の日面通過。
2255年6月9日 – 金星の日面通過。
2256年前後 – 遅くともこの頃にはサグラダ・ファミリア完成予定。
2268年5月13日 – 火星における地球の日面通過。
2286年 – time_t型における秒数の桁数が11桁になる。
2287年8月28日 – 火星が2003年8月27日以来最も地球に接近する


フィクションのできごと
2204年 – オホーツク海の海底で、仮死状態のキングギドラが発見される。この頃日本はゴジラに蹂躙され、最貧国に。なお別の未来では、世界中の土地を買収し世界一の超大国に(『ゴジラvsキングギドラ』)。
2221年 – 星野鉄郎、メーテルとともに地球から銀河鉄道で旅立つ(『銀河鉄道999』のTV版)。 原作の漫画では、時代設定の言及はなされていない。また、作中に登場する戦士の銃が製作されたのは2979年である。
2292年 – ソレスタルビーイング、第2世代ガンダムの開発を開始(『機動戦士ガンダム00P』)。
2300年 – 地球人類がエルダー星を侵略、圧倒的優勢。危機的状況のエルダー軍は、タイムパラドックスを起こす事を目的に2050年へとタイムマシンで遡る(『宇宙大帝ゴッドシグマ』)。


とりあえずここまでやな
コピペしたんは一部やから、みんなも暇やったらwikで見て見てや


もうちょっと気になる部分抜粋してみる


2426年-冥王星が発見されてから太陽の周りを2公転し、3周目に入る。
2434年-成田山新勝寺の「平和大塔」地下に埋められた「平和へのメッセージ」入りタイムカプセルが発掘開封される。
2456年-火星から木星までの三重会合が起こる


2640年 – 2001年9月5日から始まったジョン・ケージ・オルガン・プロジェクトによる『Organ2/ASLSP』の演奏が完了予定。
2865年12月29日 – 海王星において水星の日面通過と金星の日面通過が同時に起こる。太陽系で次回起こる惑星の同時日面通過。前回は1586年4月27日に土星において発生した。
2880年3月16日 – 小惑星1950 DAが地球に接近。
2999年12月31日 – 2000年1月1日から演奏が始まったジェム・ファイナーのロングプレイヤーがはじめに戻る。


3100年 このころ、エライ(ケフェウス座γ星)が北極星になる。正確に言えば、現在の北極星ポラリスよりエライのほうが天の北極に近くなる。最も近くなるのは4100年ごろである。
4000年 このころ(数百年の誤差あり)、1995年に兵庫県南部地震を起こした野島断層が再び地震を起こす。


4100年 諸説あるがこのころ、占星術では、水瓶座の時代(アクエリアンエイジ)が終わり、やぎ座の時代が始まる。
4100年 このころ、エライ(ケフェウス座γ星)が最も天の北極に近づく。この前後数百年、北極星となる。
4200年 このころ、カメレオン座γ星が最も天の南極に近づく。この前後数百年、南極星となる。
4300年 このころ、歳差により、春分点が現在のうお座からやぎ座へ移動する
4900年 このころ、グレゴリオ暦と太陽黄経のずれが、1582年の採用時を基準にして1日に達する。


6939年 – 1939年のニューヨーク万博と1964年(埋設は1965年)のニューヨーク万博の際、フラッシング・メドウズ・コロナ・パークに埋められたタイムカプセルを開封予定。
6970年 – 1970年の大阪万博の際、大阪城公園に埋められたタイムカプセルを開封予定(2号機は最後の開封、1号機は最初で最後の開封)[1]。


ジョンタイターかな?


wikやで!!(原西風)
https://ja.wikipedia.org/wiki/2030年代


ちきう(笑)が滅ぶのは50億年後やしへーきへーき


長生きせなあかんな(白目)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。